シナリオ作家協会の削除動画の内容がヤバい!黒沢久子や伴一彦の発言が炎上!

シナリオ作家協会の削除動画の内容がヤバい!黒沢久子や伴一彦の発言が炎上! その他
スポンサーリンク

Hiroです!!!!

ぴろりん先生のつぶやき教室を
ご覧いただきありがとうございます!!

今日も気になるニュースについて
独自目線で解説していきますので
良かったら最後までご覧ください!

それでは、今日の本題ですが
セクシー田中さんの原作者である
芦原妃名子の自殺問題が取りざたされて
いる中日本シナリオ作家協会がYouTube
にアップした
動画の内容がヤバいと
話題に!!!

現在は削除されてしまった動画の内容を
一部ご紹介させていただきます!!

スポンサーリンク

 

日本シナリオ作家協会の削除された動画内容

現在は削除されてしまって見る事の
出来ない日本シナリオ作家協会が作成した
YouTube動画の
概要をご紹介させて
いただきます!!

 

削除された動画の内容の書下ろし

日本シナリオ作家協会では、1月29日に

「【密談.特別編】緊急対談
原作者と脚本家は
どう共存できるのか編」

と題した動画をYouTubeに投稿されて
おりました!

その内容が大変酷い内容であったと話題に
なっておりその一部を書き下ろした内容が
こちらのXです!!

現在は削除されており内容を確かめる事が
出来ない
のですが、動画の内容をご覧に
なられた方が書き下ろした
動画の一部の内容が
Xで拡散
されておりました!!

この内容を見る限りは、脚本家の方が

「原作者をさげすんで見ている」

様に見受けられます!!!

 

一部の内容なだけに、全貌を把握は出来ませんが
このコメントをされているのは事実であると
考えられる為、とてもひどい内容であることが
伺えます!!!

また日本シナリオ作家協会は、動画削除の理由

「出演者・関係者への
誹謗中傷や脅迫等」

とされていますが、
その真意は定かではありません。

動画自体は1時間近くあった動画だった為、
全体の内容がどうだったのか、大変
気になるところですね♪

スポンサーリンク

 

 

日本シナリオ作家協会とはどんな組織か?

そもそもこの動画を投稿した日本シナリオ
作家協会とは
どの様な協会なのでしょうか?

協会のHPには、団体の概要として下記の様な
記載があります!

活動方針

日本シナリオ作家協会は5つの目的から活動する組織体です。フリーの立場で仕事をするシナリオ作家の孤立化を防ぎ、日本映画の発展及び創作の気運を高めていくこと、著作権思想の普及に尽力し、次代の作家の育成や創作現場の条件整備、交流機会の増進等に係る諸活動を行っています。

 

◎ シナリオの著作権擁護

◎ シナリオ作家の育成及び表彰・顕彰

◎ 創作現場における親睦と連帯の推進

◎ シナリオを起点とした文化の発信

◎ 日本の映像文化及び映像産業発展への寄与

引用元:日本シナリオ作家協会 HPより

 

1936年より設立されている古い団体の
様ですが
主に「日本映画の発展及び創作の
気運を高めていくこと」
を目的として活動
をされている団体の様です!!

著作権の擁護や次代の作家の育成にも寄与
している団体の様ですが、動画での内容を
見る限りはとてもではないですが「制作物」
を大切にしている
ような意識は微塵も
感じませんでした。

 

あくまで、映画を作る立場の人を守る事が
目的なのかもしれませんが、同じ物を作る
人たちとして0から1を生み出す大変さは
十分に理解されているはず。

どうして今回の様な動画を世に出したのか
その真意を
是非とも聞いてみたいものです!

スポンサーリンク

 

 

日本シナリオ作家協会の動画の視聴者の反応

現在は動画は見る事が出来ませんが、
その貴重な動画を見たという視聴者は
どの様に感じたのでしょうか?

※以下Yahoo!コメント欄を引用

今の状況でこれを普通に動画として残していたその無神経さに落胆する 本当に人の感情が分からないんだなと オリジナルはテレビがOKしてくれないみたいな寝言も言っていたが 今の時代個人でオリジナル作品を出す場所はいくらでもあるのだからそこから人気を得て順番にステップアップしていけよ

映像化にあたっては脚本家がプロであり、また使用許諾を得たあとでの映像版については権利者が違うというのは理解できる。 ただ、今回みたいに漫画の連載がまだ続いている状態では、物語の展開について原作者の意向は最大限に受け入れるべきだと思うし、原作というお膳立ての上に脚本を書く以上、原作者へのリスペクトは必須だと思う。映像側、脚本家側が法的に云々言うなら、今後は使用許諾にあたっては、原作者の意向を明文化した契約書を作り、それに違反したら訴訟するくらいに縛らないと、映像側の横暴はなくならないでしょう。それが嫌なら、人気原作に安易に頼らずにオリジナルを作ればいいだけ。

削除前に見ましたが たしかに「法律上」ではシナリオ作家協会の言うとおり正当なものでした 脚本は脚本で原作とは別に独立した著作権人格権が与えられますし 二次著作物だからといって脚本側の人格権までは侵害できないと ただ「道義上」の問題ではそうはならないでしょう いくら法で許されてるとは言え原作の筋書きを反故にしていいのか そういった折り合いは重要でしょう。

見ていましたが、脚本家の愚痴ばかり、原作が大切だが原作者とは会いたくない、原作通りやってたら脚本家が育たない、等、酷くて聞いてられず、こんな方が日本シナリオ作家協会では原作者さん達の気持ちは蔑ろにされてしまいます。芦原先生のお辛かったろう気持ちが痛いほど伝わりました。

この動画を観たことで、 芦原先生がどうしてこのようなことになったか より理解できました。 あまりにもひどいことばかり言っていて、呆れました。 原作に著作権が無いようなこと、 改変して当たり前、みたいな発言もありました。 原作者軽視の考え。 原作に著作権が無いなんてこと、ありますか? 原作者がアレンジして良いと言ったなら別ですが、 今回の件については、先生はアレンジしないでくれと言っていたはず。 音楽だったら、アレンジした曲は自分が作った曲だ! って言っているのと同じですよね。 元の曲を作った人に文句を言っているような感じを受けました。 先生はこんな考えの人たちと、命を懸けてお仕事されてきたんですね。 ドラマ化の話が出てから、ずっと辛い思いをされていたんですね。

 

私自身は動画を見ていないので、コメントの
内容が必ずしも正しいのかは判断しかねます
が、しかし動画を見た方が同じような反応を
していることから
考えると
「原作者へのリスペクト」は無い事が
良く
伺えるコメントばかり
でした。

今回の事件で、原作者と脚本家の以前からの
闇に包まれていた部分が公になった事は
間違いありません。

二度と今回の様な痛ましい事件が起きない
ように業界の改革を望むばかりですね。

スポンサーリンク

 

 

動画に出演していた黒沢久子や伴一彦について

とてもひどい内容の動画ではありましたが
コメントをされていた黒沢久子や
伴一彦とは
どんな人物なのでしょうか??

 

黒沢久子のプロフィール

黒沢久子のプロフィール

出展元:ENBUゼミナール HP

黒沢 久子(くろさわ ひさこ)

生年月日:1969年
出身地:福島県
職業:脚本家
日本シナリオ作家協会理事
ENBUゼミナール映画監督コースシナリオ講座講師

引用元:Wikipedia

脚本家であり、日本シナリオ作家協会の理事
もされている黒沢久子さん!!!

大学卒業後は、新潟テレビのアナウンサー
されており、その後カナダにわたり、日本に
帰国後に
シナリオ作家協会の講座を受け
脚本家として
活動をされたようです♪

ウルトラマラソンギンガS等の特撮作品にも
携わっていたり、2023年には
私と夫と夫の彼氏にも携わっていたようで
多くの作品に携わられています!!

スポンサーリンク

 

 

伴一彦のプロフィール

伴一彦のプロフィール

出展元:Japan Creator Bnak

伴一彦(ばん かずひこ)

生年月日:1954年8月3日
出身地:福岡県
出身校:日本大学芸術学部映画学科
職業:脚本家

引用元:Wikipedia

同じく脚本家をされている、伴一彦!!

伴一彦自身は、2005年に自身の短編小説集
「ラブ・コール」を無断使用された事で
裁判を
起こしており、和解が成立したという
過去があります!

そういった良いで、原作者によるトラブルを
自身でも経験をしているにも関わらず
今回の動画での発言をされていました。

今回の発言に関しては、自身のXでも言葉
足らずであったと
反省の弁を述べて
おられました
が、コメントには痛烈な
コメントが多く寄せられたようです!

 

お二人の人物像に関しては存じあげませんが
今後お二人からの何かしらのコメントが
出てくる
様な事も考えにくいですが、
改めてお二人の原作者に対する考えを
聞いてみたいものですね!!

スポンサーリンク

 

今回の一連の騒動に関わる記事が他にも
ありますので
是非そちらもご覧いください!

 

 

まとめ

今回は、話題になっている日本シナリオ
作家協会の削除された動画の内容について
、ご紹介させていただきました!!

現在は動画そのものが削除されている為
本当の内容を確かめる事は出来ませんが
実際に動画を見た人のコメントも参考に
考えると、動画の内容は真実なのだと
思います。

原作者と脚本家の問題は、今に始まった事
ではないようですが、今回の一件で問題が
浮き彫りになってしまったのだと思います。

是非この機会に、業界の在り方について
大きな改革が行われる事を願う
ばかりですね!!

本日は、最後までご覧いただき
誠にありがとうございました!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
pirorinsenseiをフォローする
ぴろりん先生のつぶやき教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました